グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  クリニックからのお知らせ >  当院では新型コロナウイルスのPCR検査を行います。

当院では新型コロナウイルスのPCR検査を行います。


  • 症状があり、新型コロナウイルス感染症の疑いがあると判断した方には保険適応の行政検査(自己負担なし)(唾液または鼻咽頭拭い液)を行います。
  • 無症状の方、新型コロナウイルス感染症の疑われない方で希望される方には自費検査(唾液検査)を行います。
  • 海外への渡航目的の方の自費検査(鼻咽頭拭い液)については、診察の上、英文の健康証明書を発行します。


自費での新型コロナウイルスのPCR検査について

対象者

対象となるのは、基本的に無症状で新型コロナウイルス感染症の疑われない方です。
  • 諸事情により感染が心配な方
  • 出張等の国内移動や海外渡航の際に新型コロナウイルスのPCR検査の陰性証明が必要な方
  • 施設等の入所の際にPCR検査の陰性証明の必要な方などです。

検体採取

検体採取の簡便な唾液検査を行います。ご自分で1~2ccの唾液を容器にとっていただきます。
海外への渡航目的の方については、国際的に認められている鼻咽頭拭い液を採取させていただきます。
※従来、新型コロナウイルスのPCR検査には主に喀痰、鼻咽頭拭い液が利用されてきましたが、日本では2020年7月17日厚生労働省より、唾液によるPCR法の感度・特異度が鼻咽頭ぬぐい液による方法に劣らないとされ、無症状者についても唾液検体で検査可能と発表されています。

検査日数

基本的には検体採取の48時間以内(翌々日の朝)に検査結果をお渡しできます。(*土曜日に検体採取をした場合は週明けの月曜朝になります。日曜祝日を挟む場合もご注意ください。)。

検査報告書・診断書・健康証明書について

検査のみ希望される方には、検査会社の結果報告書をお渡しします。
診断書(¥3000円)の必要な方は、過去2週間の体調、体温を記録して持参してください(書式自由)。

海外渡航目的などでの陰性証明つき英文診断書(¥5000円)の必要な方は、過去2週間の体調、体温を記録して持参してください(書式自由)。また、本人確認、氏名表記の確認のためパスポート(またはパスポートのコピーと本人確認できるもの)を持参してください。
*ご自分で大使館などに確認し、渡航先、トランジット先に特定の書式が要求される場合は、必ず書式を持参してください。また、渡航72時間以内の検査を要求されている場合がありますので、スケジュールに十分ご注意ください。

料金

検査費用は 自費で25,000円(検査会社の結果報告書込み) です。
診断書は別途¥3,000円、英文の健康証明書は別途¥5,000円となります。
医師からの診断書・健康証明書が必要な方は、診察のうえ、検体を提出していただき、検査結果判明後に診断書をお渡しします。

手順

  1. 電話、またはWebでご予約ください。予約時に「自費PCR希望」「○○への渡航目的PCR希望」とお伝えください。
  2. ※検査1~2時間前に歯磨きをし、検査まで水以外は飲食しないでください。
    A) 検査のみの方は、問診票と唾液検体を提出し会計をしていただきます。
    B) 診断書の必要な方は、問診票を提出していただき、診察、会計の後、唾液検体を提出していただきます。
    C)渡航目的の英文健康証明書の必要な方は、問診票を提出していただき、診察、会計の後、医師または看護師が鼻咽頭拭い液検体を採取します。
  3. A) 翌々日朝に検査結果報告書をお渡しします。
    B) 翌々日朝に検査結果報告書とともに診断書をお渡しします。
    C) 翌々日朝に検査結果報告書とともに英文健康証明書をお渡しします。

もしも陽性であった場合

行政検査、自費検査にかかわらず、もしも陽性である場合には、感染症法にしたがい当院よりすぐに本人と保健所に連絡し、保健所に発生届を提出します。その後は保健所の指示に従ってください。